メインイメージ

自動車産業界の動向

現在は若者の自動車離れが加速しています。これは自動車業界にとって大きな問題です。一昔前までは少し無理をしてでもマイカーを所有するのがステータスとして考えられていましたが私たちを取り巻く生活環境も大きく変わり、必ずしもマイカーが必要ではなくなってきました。

都心部に在住の独身の方ですと、高い維持費を支払ってマイカーを所有しなくても公共の交通機関で十分に生活できます。

カーシェアなどのサービスも登場し、使いたいときにだけ自動車を利用することもできます。

このようにユーザーのニーズに応えるべく自動車業界も様々なサービスを展開し始めている動向が見られます。

レンタカーやカーシェアなどは現在はガソリンスタンドなどでも行っているサービスです。そしてこれから先の時代は若者の自動車離れは更に深刻化するでしょう。

その一つがネットショッピングです。これまでは買い物に出かけていましたがネットショッピングを利用することにより、わざわざ買い物に行かなくても自宅まで商品を届けてくれます。買い物に行く時間が必要なくなると、他のことに時間を費やすことができます。

このようにインターネットの普及が私たちの生活環境を大きく変えたのです。自動車業界にとってはこの事態から目を逸らすことなく、真摯に受け止めなければなりません。

また家族ができればマイカーも必要となりますが、未婚成人が増加している現在では自動車はそれほどまで重要視されなくなったのです。

自動車業界で生き残るにはこのようなユーザーの動向にも合わせたサービスを生み出さなければなりません。

自動車業界の現状について

最近の自動車業界の現状は、新しい競争を迎えていると言われています。世界中に数ある自動車メーカーは、再編され続けて大きなグループ企業を作り、グループ内での技術提携や共同開発、生産がおこなわれています。常に進化が期待されている自動車業界ですが、今は安定した高速走行性能やエコなエンジ...  続きはこちらから ⇒