メインイメージ

関連情報まとめ

自動車業界において、世界中の国々の自動車レースは実に数百におよび、国内おいては鈴鹿サーキットを代表に数十あります。

世界を中心に考えると、代表的なものに「世界カート選手権」があります。これは国際カート委員会が主催団体で、世界中の自動車運手に自信にある人が多く集まります。

この世界大会は、運転手の技能を深めることと、自動車の有能性を見る、2つがありますが、どちらかと言えば、世界中の自動車業界における車の情報交換をしたり、自動車の実力を発揮する場でもあり、年々、自動車の技術が進歩していることがよくわかります。ですから自動車業界において、この大会は必要でもあります。

この大会は1964年、イタリアのローマで始まったもので、けして古いわけではないです。当初は、自動車の種類が少なく、どちらかと言えば、現在と逆で、運転手の技能がかなり問われていたのです。次第に運転手の技能よりも自動車の性能へ注目されるようになり、自動車会社の宣伝がらみが強くなっていきました。レーシングと呼ばれるようになったのも、この大会が機になっています。

よりよい自動車性能が上がっていく割には、大会で死者が多く発生しやすくもなりました。つまり運転手が、自動車の性能に過信してしまったため、油断しやすくなったことが大きな要因になっています。そこのとがあってか、事故も減少していきました。

現在では、事故もなく、以前からすると、いろいろな大会の数は少なくなっていますが、情報交換の場として、関係者には重宝されている大会です。

自動車レースといえば定番の“F1”

自動車レースといえば定番の“F1”です。正式は“フォーミュラー1”と言います。戦後まもなくから始まり、世界中を回りながら、1年間かけてドライバー及びチームの順位を競い合います。日本にも秋に鈴鹿サーキットなどで毎年レースが行われています。セナやシューマッハなど日本でも名前が知られている...  続きはこちらから ⇒